痩身エステおすすめ口コミランキング|安い・痩せると評判のダイエットエステ

   

フェイシャルエステでは目元のクマを落とせる!クマの種類と原因を解説!

フェイシャルエステでは目元のクマを落とせる!クマの種類と原因を解説!

いつの間にかひっそりと現れ、セルフケアでは簡単に落とせずメイク映えを邪魔したり肌のくすみの原因となりがちな目の下のクマ。

実際にクマでお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そんな、悩ましい存在の1つでもある目の下のクマ、実はフェイシャルエステで落とすことができるということをご存じですか?

痩身エステの案内人_Misako案内人 Misako

目の下に現れるクマの種類によっては、フェイシャルエステを通じて手軽に解消を図ることができます。

今回は、目の下になぜクマができるのか?その原因と共にクマの種類を詳しくご紹介した上で、フェイシャルエステで解消可能なクマについて徹底的に解説します。

原因と種類を特定できれば、あんなに悩ましい存在だったクマも決して怖い物ではなくなるのです。

フェイシャルエステでは目元のクマを落とせる!

フェイシャルエステでは目元のクマを落とせる!

フェイシャルエステは、手軽にいつでも受けられる快適なサービスの1つとして今やすっかり定着したエステの一種。

痩身エステの案内人_Misako案内人 Misako

実際に、フェイシャルエステをご利用になった経験があるという方も多いのでは?

フェイシャルエステでは、顔を中心に私たちの身体や肌に関する悩みを様々な形で解消することができますが、実は目の下に現れるあの悩ましい存在でもあるクマもまた解消できる症状の1つとして扱われています。

なぜフェイシャルエステであんなに頑固なクマを落とすことができるのか?その理由と実際の方法についてまずは詳しくチェックしていきましょう。

フェイシャルエステで落とせるクマの種類

フェイシャルエステでは、エステを通じて得られる様々な効能の1つとして「目の下のクマの解消」を掲げており、全国各地の様々なフェイシャルエステサロンで実際にこのような効果を体感することができるようになっています。

ただし、フェイシャルエステで解消できる目の下のクマについては、全てのクマがこの対象というワケではありません。

実は、クマにはその原因や引き起こされるきっかけに応じて様々な種類が存在していて、クマといっても単一のものではないからです。

フェイシャルエステで解消可能なクマについては、主に以下になります。

  • 血流悪化が原因のクマ
  • 目の下のたるみやくすみが原因のクマ
  • 色素が沈着することが原因のクマ

この3つの原因が元で発現するクマについて、フェイシャルエステでは様々な手法を用いてその症状の改善を得られます。

このような原因が元である日急に目の下のクマができてしまったという方は、様々なクマの解消法が提供されている現在、最も手軽なケアの1つとしてフェイシャルエステでのクマ解消を目指した施術を受ける事を特にオススメします。

セルフケアではあんなに難しかったクマも、手軽に解消することができるでしょう。

フェイシャルエステのクマ解消の手法一覧

では、実際にフェイシャルエステでは、あれほどセルフケアではその解消が困難であった目の下のクマに対して、どのような手法を用いて解消を図るのでしょうか?

その手法については複数の方法が現在導入されており、個人差があるクマの症状の度合いなどに応じて使い分けが行われています。

その手法については次の通り。

ハンドマッサージ

最もポピュラーな施術の1つで、主に血流の悪化によって発生したクマの解消に最も高い効果を示す手法。

専門のマッサージを行うほか、専用の薬剤やオイルなどを併用したマッサージが行われることも。

アイケアマシン

目元の美容に特化した効果を持つ専用の機器を用いて行う手法。

血流の改善のほか、色素沈着によって起こったクマの解消に効果的な手法の1つ。

光フェイシャル

肌の新陳代謝を活発にさせる専用の光を照射することで、加齢によって引き起こされたクマを解消する効果が得られる手法。

ターンオーバーを狙ったアンチエイジング効果が同時に得られる手法としても人気。

イオン・超音波導入

ビタミンC誘導体を用いたイオンと共に超音波振動を用いて肌への浸透力を高め、優れた美白効果をもたらしクマの解消を狙った手法がこちら。

比較的高価な機器や美容成分を用いるため、効果の高さが人気に。

これら以外にも様々な手法が現在用いられていますが、全国各地の大手フェイシャルエステサロンを中心に、様々なエリアで幅広く利用できる手法を中心にご紹介しました。

これらの手法を前提に、今お悩みの目の下のクマの原因に併せて最適な手法が用いられています。

目の下のクマが落とせるまでの回数・期間

フェイシャルエステで導入されている様々な手法によって、悩ましい目の下のクマを落とせる事についてはご理解頂けたと思いますが、やはり気になるのは、実際にクマが落とせるまでの期間や施術回数がどの程度かかるのか?という点ですよね。

まずは施術回数についてですが、一般的な濃さのクマの場合、およそ3回~5回程度の施術である程度クマの色味を和らげる事ができます。

その上で、完全にクマを目立たなくさせるためには、更に施術を行い最終的に10回程度の施術を通じてほぼ解消を図ることができます。

ただし、クマの色素がより濃い方ほど更に回数が重なり、クマが薄い方ほど回数が少なくなるという基本に変化はありません。

次に、クマが落とせるまでの期間についてですが、多くのフェイシャルエステサロンでは、クマの解消に特化した施術を週に1回~2回程度で行う事を基本としています。

このことから、通常の濃さのクマであれば、通い続ける事前提で1ヶ月から2ヶ月程度の期間が基本に。

また、光フェイシャルやイオン導入など肌のターンオーバーを狙ってクマの解消効果を引き出す手法の場合、身体の代謝が28日周期で行われるという特性があります。

最初のうちは2週に1回、ターンオーバー後は1ヶ月に1回のスローペースで行うサロンもあるので、一概には言えませんが3ヶ月程度の期間を要する手法もある点にあらかじめご留意を。

クマの種類と原因を解説!

クマの種類と原因を解説!

フェイシャルエステでクマの解消を図ることができるとご紹介しましたが、実はクマにはその原因に応じた複数の種類があり、解消を図るためにはそれぞれの種類に応じた適切な手法や施術が欠かせません。

痩身エステの案内人_Misako案内人 Misako

いわば、目の下のクマを解消するためには、なぜそのクマが急に目の下に現れたのか?

その原因を探るところからスタートしなくてはいけないという事。

フェイシャルエステサロンでは、実際にカウンセリングなどを通じて施術対象となっているクマの原因を追及するところからサービスを開始しています。

ユーザーの方が事前に調査を行う必要はありませんが、それでも今お悩みのそのクマの原因や種類を事前にしっかりと把握しておくことができれば、自ずとクマの対策や予防をも図ることができるます。

ここでは、クマの原因とその種類について詳しくご紹介していきましょう。

なぜ現れるのか?目の下のクマの原因

昨日まで全く綺麗な状態だったのに、朝起きて鏡を見てみたら急に目の下にクマができていたなんて経験をされたという方は、決して少なくないはず。

それほどまでに、目の下にできるクマは私たちの生活に密着した悩ましい存在と言えるのです。

実はこのクマ、基本的に全て身体に起こる様々な現象が原因となっており、逆に考えると、この原因となっている要素自体を解消することができれば、クマの発現自体を予防することができるということ。

目の下にできるクマの原因は、大きく分けて3つ。

血行不良

目の下の皮膚は非常に薄い状態で、この皮膚の下には視神経や目の働きを支えるべく、同く非常に細い毛細血管が張り巡らされています。

この毛細血管を流れる血液が健康な状態であれば問題ないのですが、なんらかの理由でこの血管内の血流が著しく悪化してしまうと、これが原因となりクマが発生します。

血行不良の原因としては、過度なストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、栄養バランスの乱れなどが代表的。

色素沈着

熱い日差しの下で肌を露出していると、数時間後には肌が赤く変色し日焼けの状態になりますよね。

これと同じ現象が、皮膚の薄い目の下にも発生し、これがクマの原因となります。

目の下の皮膚直下にメラニンと呼ばれる茶系の色素がたくさん沈着することによって茶色っぽい色が皮膚に浸透し、これがクマの一種となるのです。

色素が沈着する原因として、紫外線によるダメージ、メイク時の刺激や乾燥による色素の発生と、最近ではスマホなどの液晶画面から発せられるブルーライトによる沈着も原因の1つと言われています。

加齢による皮膚のたるみ

加齢もまた、クマができる原因の1つ。

特に、目の下の皮膚は非常に薄いことから弛みやすく、このたるみによって影が発生すると共にたるみ内部は色素や血液が滞留しやすくなり、これがクマとして色味が見える原因に。

目の下に現れるクマの種類

目の下に現れるクマには、その色味や見え方によって3つの種類にわけられています。

それぞれの種類毎に発症する原因が違うことから、クマの治療を行っている皮膚科では、それぞれの種類のクマに応じた治療内容も変化するほど。

また、当然ながらフェイシャルエステサロンでもこのクマの種類に応じた改善手法の使い分けが行われており、それぞれの種類に最適な手法を用いた最短での改善が図られています。

そのクマの種類については次の通り。

青クマ

年代を問わずほぼ全ての世代の方に見られる代表的なクマがこちら。

クマの見た目の色味が青っぽい色に見えることからこの名称が付けられています。

血行不良がその代表的な原因であり、腕や身体中の皮膚内を流れる静脈が青っぽく見えるのと同様の現象が目の下で起こっているのが、この青クマに該当しています。

茶クマ

血管の色が浮き出る青クマと違い、日焼けすることで肌が浅黒くなるのと同様にメラニン色素と呼ばれる色素が原因となって発現するクマのことを茶クマと呼びます。

こちらもその名の通り、クマの色味が茶色に見えることから名称づけられており、こちらも年代や性別を問わず幅広い方が実感しやすいクマです。

色素の出方や沈着具合に応じて茶色の色味自体が濃くなったり薄くなったりするのも特徴の1つで、沈着した色素の除去が最大の改善法に。

黒クマ

加齢によって引き起こされるクマは総じて、その影の色から黒っぽく見え、その名の通り黒クマという呼称で種類分けされています。

こちらは加齢が原因となっている事から、主に40代以降の方に多く見られる症状で、その改善の為には目の下の皮膚のたるみを除去するなどターンオーバーや美容効果を中心とした改善が欠かせません。

また、通常のメイクではカバーしきれない点で、他の2種のクマよりもセルフケアによるカバーが難しい点も特徴です。

原因に合わせた予防で発現を抑えよう

繰り返しお伝えしているように、目の下に現れるクマにはその原因に応じた3つの種類が存在しており、また症状の強弱にも個人差が存在しています。

このため、クマの解消が図れるフェイシャルエステサロンでは、それぞれの種類や原因と個人差に応じたクマの解消を目指して適切な手法がそれぞれ採用されており、セルフケアよりも確実にクマの解消に努めることができます。

一方、既にクマを解消できた方もご注意を。

クマは一度解消できたからといって安心すると、またそれぞれの原因となるずさんな扱いや生活をしてしまうことで再発しやすく、再発してしまうとまたフェイシャルエステに頼る必要になる事にも。

これを防ぐためには、それぞれのクマの原因に合わせた対策を日頃から行うことがポイント。

例えば、結構不良が原因の青クマについては血流の改善を図れるよう栄養バランスに注意したりストレスをためすぎないよう生活リズムを改善する方法が有効ですし、色素沈着が原因の茶クマには色素を除去する効果を持ったスキンケアが最適。

また、加齢が原因の黒クマに対しては、同じくターンオーバーを狙ったスキンケアやリフトアップ効果を持つメイクの実践などがオススメ。

それぞれの原因に合わせたクマ対策をあらかじめ行っておくことで、その発現自体を抑えることは十分に可能であり、是非これらの対策をオススメします。