痩身エステおすすめ口コミランキング|安い・痩せると評判のダイエットエステ

   

フェイシャルエステでシミやそばかすを消す方法と注意点を解説!

ブライダルエステ人気ランキング|いつから通えば良いの?料金はいくらくらい?

「シミやそばかすを消したい」という場合は、フェイシャルエステがおすすめ。

痩身エステの案内人_Misako案内人 Misako

フェイシャルエステはシミやそばかすを消す効果が抜群にあるエステだからです。

といっても、ただ“フェイシャルエステは効果がある”というだけではお金を払ってまで、フェイシャルエステを利用する気持ちにはならないでしょう。

そこで、この記事では、「フェイシャルエステでシミやそばかすを消す方法」を解説します。

そして、高いリターンにはリスクはつきものということで、「フェイシャルエステでシミやそばかすを消す際の注意点」も詳しく解説します!

フェイシャルエステでシミやそばかすを消す方法を解説!

フェイシャルエステでシミやそばかすを消す方法を解説!

フェイシャルエステでどうやって具体的にシミやそばかすを消せるのか具体的に解説します。

プラシーボ効果というものがあるように、人間の体は“そのような結果になる”と強く認識したら、本当は何の効果もないものだったにもかかわらず、実際に認識した効果が表れます。

痩身エステの案内人_Misako案内人 Misako

ということは、本当にシミやそばかすを消す効果のあるフェイシャルエステならば、どうやって美白効果をもたらしてくれるのかを知って、美白効果を強く認識できたらプラシーボ効果が合わさってより強力な美白効果を得られることになります。

しっかりと美白効果の秘密を知ってください!

ピーリング

フェイシャルエステで、シミやそばかすを消せる理由の一つが、ピーリングという施術があること。

ピーリングがシミやそばかすを消してくれる秘密は以下のように二つあります。

  • 溜まったメラニン色素を落とせる
  • 肌のターンオーバーの正常化

まずは、溜まったメラニン色素を落とせるというもの。

シミやそばかすとは、メラニン色素が溜まって目に見えるほどに色が濃くなったもの。

このメラニン色素は、本来はターンオーバーによって定期的に排出されるのですが、加齢などによってターンオーバーが乱れるとターンオーバーの回数が少なくなります。

つまり、本来排出されるメラニン色素が肌に溜まるわけです。

この溜まりに溜まったメラニン色素がやがて、シミやそばかすとなります。

そこで、ピーリングです。

ピーリングは特殊な薬剤によって古い肌(角質)を溶かしてその角質と一緒にメラニン色素を一緒に落とす効果があるので、シミやそばかすを消せます。

次に、ターンオーバーの正常化。

ピーリングによって角質を溶かすことによって、眠っていたターンオーバーのシステムが起こされます。

ターンオーバーが正常化することで、人間が本来持っているメラニン排出システムが正常に作動するようになることもピーリングがシミやそばかすを消せる理由の一つです。

イオン導入

フェイシャルエステでシミやそばかすを消せる理由の一つが、イオン導入。

世の中には、ビタミンCなどメラニン排出作用やメラニン還元作用をもつことから美白に効果のある“美白成分”があります。

イオン導入とは、この美白成分が本来働くべき肌の内側にまで届ける施術です。

実は、美白成分は肌細胞の隙間より大きくて、ただ美白成分を肌の上から付けただけでは本来働くべき肌の内側にまで美白成分が入り込めず、本来の美白効果をほとんど発揮できないんです。

そこで、イオン導入。

イオン導入とは、電気の力で美白成分を肌細胞の隙間より細かく砕いて、肌の内側にまで届けるというもの。

これによって美白成分が本来の効果を十分に発揮できるようになるからシミやそばかすを消せます。

ちなみに、イオン導入にピーリングを組み合わせると効果がイオン導入効果が更にあがります。

ピーリングによって肌が柔らかくなり、美白成分がより肌の内側に入りやすくなるからです。

IPL光施術

フェイシャルエステでシミやそばかすを消せる最強の施術が、IPL光治療です。

IPL光施術とは、レーザーよりも弱いメラニンシミやに反応する特殊な光を照射する施術です。

光エネルギーによってメラニンを浮かび上がらせると童子に、ターンオーバーを促進してメラニン色素を排出するのでシミやそばかすを消す効果が抜群です。

なお、メラニン色素以外にも光が当たるのですが、この光がコラーゲンの生成活性化など肌細胞の活性化をさせて小ジワ、くすみ、赤ら顔、ニキビ跡、ハリ不足などの改善にも効果を発揮します。

フェイシャルエステでシミやそばかすを消す際の注意点

フェイシャルエステでシミやそばかすを消す際の注意点

フェイシャルエステの施術はどれもシミやそばかすを消す効果が非常にあります。

痩身エステの案内人_Misako案内人 Misako

しかし、施術を受けるうえで注意すべき点もいくつかあります。

速効性がない

フェイシャルエステで行う施術は効果が抜群なために、一度施術を受けたらシミやそばかすを一瞬で消せるイメージがあります。

しかし、フェイシャルエステはクリニックではなくて“エステ”です。

クリニックのレーザー施術ならば一度の施術でもシミやそばかすを消せることもありますが、医師がいなければ危険なほどに肌にダメージがあります。

それに対して、フェイシャルエステでは数回施術を受けなければならないほどに効果は抑制されていますが、その分、医師がいなくても問題ないほどに危険性が薄い施術となっています。

ちなみに、ピーリング・イオン導入は5回程度施術を受けると十分な効果を得られます。

メラニンを直接攻撃するIPL光施術は効果が比較的高く、2回~5回程度で効果が表れます。

シミやそばかすの種類によっては効果のない場合もある

シミやそばかすと一口に言いますが、その種類は様々です。

なかには、ホルモン異常が原因の“肝斑”というシミや遺伝性のそばかすなどもあります。

これらのシミやそばかすは、“治療”の分野になるのでフェイシャルエステでは対処できません。

また、“肝斑”であるのにフェイシャルエステで施術を受けたら大変なことになります。

肝斑は非常に悪化しやすいシミであり、間違った対処をすると簡単に悪化してしまうので注意しましょう。

フェイシャルエステでも、施術前のカウンセリングで肝斑であるかどうか見分けてくれますが、万が一見逃す恐れもあるので、自分でも事前に肝斑が無いかチェックしておきましょう。

肝斑と他のシミを見分けるポイントは以下の三つです。

  • 紫外線にあたっていない箇所にシミができる。
    ※肝斑は他のシミと違って、紫外線にあたっていなくても発生します。
  • 他のシミと比べるとシミと肌の境界線がハッキリしないでモヤっとくすんでいる。
  • 頬骨や額、口の周辺に左右対称にシミができている。
    ※左右対称にシミが発生しやすいのも肝斑の特徴の一つです。

自分でも保湿ケアをする必要がある

フェイシャルエステでシミやそばかすを消す際に注意すべき点として、自分でも保湿ケアを欠かせないという点です。

フェイシャルエステの施術は5回程度通う必要があります。

施術と施術の間は二週間~一ヶ月程度間隔が空きますが、この間に「フェイシャルエステで施術を受けているから」として保湿ケアをサボってはいけません。

フェイシャルエステのピーリングによるシミやそばかすを消す効果はターンオーバーの正常化がその秘密の一つです。

IPL光施術も光エネルギーで浮かび上がらせたメラニン色素をターンオーバーで排出する必要があります。

しかし、保湿ケアをサボって肌にダメージを与えると、肌バリアが壊れてターンオーバーが悪化します。

つまり、せっかくのフェイシャルエステでの施術が無駄になるわけです。

イオン導入によるシミやそばかすを消す効果もターンオーバーの悪化によって弱まります。

肌の保湿ケアはしっかりとするように注意しましょう。

もちろん、施術が終わった後も肌の保湿ケアは欠かしてはいけません。

副作用の可能性

フェイシャルエステでシミやそばかすを消す際の一番の注意すべき点が、副作用の可能性。

ピーリングは古い角質を特殊な薬剤で溶かす施術です。

このため、健康な肌にも影響を与えて「赤み」「ヒリヒリ感」といった副作用が一時的に現れる可能性があります。

IPL光施術も副作用が現れる可能性があります。

施術によりメラニンが浮き出るので、シミが一時的に濃くなることがあります。

また、施術中にパチンと輪ゴムを弾かれたような痛みを感じるというデメリットもあるので、痛みに弱い人は注意してください。